Stereo1月号

Stereo1月号付録のオーディオテェックCD
なかなか音いいですよ!

左右チャンネルの確認、スピーカーの位相チェック、定位のチェック、再生帯域のチェック、
分解能のチェック、部屋の共振や吸収のチェック、残響のチェック、を
本の解説を見ながらチェック出来ます。

トラック9には、来月メジャーCDデビューするジャズピアニスト、
ハクエイ・キムのメジャーデビューアルバムからの音源で、
そのCDは192kHz/24bit録音で音質にこだわったという事です。
なかなか音が良かったので多分買っちゃうと思います。

あと僕のSPでは、トラック16の流水の音が金属っぽく聴こえたので
要改善のようです。(^_^.)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ケイ
2010年12月21日 20:58
ウチのメイン機も同じ症状でした。ガーン。
水音が一番良かったのはなんとP650標準箱。

あと、大編成のハープのアルペジオなんて全然聞こえませんでした。
またまたショック。
たてちゅう
2010年12月22日 07:55
>ケイさん
標準箱さすがですね~
僕のもハープなんて全然聞こえませんでしたよ(^^)v

この記事へのトラックバック