ドム風塩ビ管スピーカー

ステレオ誌2020自作スピーカーコンテスト用スピーカー
「ドム風塩ビ管スピーカー」です。
DSC_4454.JPG
Frontsize.jpg
sidesize.jpg
kyuuon.jpg
f50.JPG
↑ユニット軸上50cm
f2.JPG
↑ユニット軸上2cm
d1.JPG
↑第1ダクト軸上2cm
d2.JPG
↑第2ダクト軸上2cm

こんな音です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

きたやま
2020年11月09日 08:23
ユニットの45度取り付けがドムの目っぽいですね。
重低音も、第1・2ダクトのバンドパス特性で50Hzまでフラットに伸びそうです。

塩ビ管スピーカーは、音を聴きながらの吸音材位置・量の調整が容易に出来そうで
それも優れていると思います。(審査書類でアピールポイントになりませんか?)

今年こそ、音出し審査への進出を願っています。
2020年11月11日 10:31
きたやまさん
コメントありがとうございます。
お返事遅くなりました。
色で無理やりドム化しております(笑)

あとで改良しやすいのをアピールしているのですが
なかなか審査通りません(>_<)
音は意外とバランスよいので気に入ってます!

この記事へのトラックバック