ONTOMO MOOK パイオニア編

ONTOMO MOOK パイオニア編買いました。



開封ビュー
画像

画像

画像

画像

2013年Stereo8月号付録スキャン(左)と比較
画像

画像

画像

ジム風塩ビ管SPエンクロージャーに着けての音はこちら↓ 


ちょっと聴いた感じの感想ですが、
低音もそれなりに出て大音量でも音割れしにくいですが
ハイ上がりなので中高音の処理と
低音の量感出しのバランスが問われそうです。
(あくまでも個人的感想です)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

roku
2017年07月23日 08:54
たてちゅうさん、情報アップありがとうございます。

難しいユニットの様で、今回はコンテストをあきらめてフォステクス編を買うことにしました。
たてちゅう
2017年07月23日 10:26
六さん
ありがとうございます。
六さんなら上手く作れると思いますよ!
Grape
2017年07月26日 17:15
たてちゅうさん、情報有難うございます。
私もパイオニアのユニットを買って手持ちのTQWTの箱にいれて恒例のイーグルスのホテルカルフォルニアを聴いたのですが、冒頭のパーカッションの低域がショボ過ぎますね。
6cm口径なので、仕方がないのかもしれませんが、ちょっとがっかりです。
今年のコンテストには出さないかもしれません。
今回は一応、エンビ管で作る予定なので、うけ狙いで来年のオフ会に持って行くつもりでいます。
多分、どうしようもない音になると思うので笑ってください。
たてちゅう
2017年07月26日 18:05
Grapeさん
そうでしたか。
バックロードとかとかにすると低音量感出そうですけど、
どうなんですかね?
フォステクス使いのビルダーの方は上手く作っちゃいそうな予感です。
石田さん式BHBSとか。

来年のオフ会楽しみにしてますね!!

この記事へのトラックバック