ムーパパさんの「T-N101」をUPしました。

画像


ムーパパさんの久々の新作の登場です。

皆さん、どうぞご覧下さい。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~tyuuou/enbisp.htm



・第14回suisyuさん主催関西オフ会のおしらせ
http://enbisp.at.webry.info/201001/article_2.html
・集まれ!塩ビ管スピーカー・別館
http://www.enbisp.com/
・集まれ塩ビ管スピーカー・ツイッター
http://twitter.com/enbisp
・タモリ倶楽部に塩ビ管スピーカーと出演しました!
http://enbisp.at.webry.info/200905/article_4.html
・BSNHK番組「熱中時間」で当サイトが紹介されました!
http://enbisp.at.webry.info/200712/article_2.html
・ブログランキング↓参加しましたので、良かったらクリックお願いします。m(__)m
人気blogランキング
・質問や情報交換等はこちら↓コメント宜しくお願いします!
http://www.enbisp.com/
http://enbisp.at.webry.info/200412/article_5.html
・当サイトがリンク切れなどで表示されない方は
こちら↓へコメントを宜しくお願い致します。
http://enbisp.at.webry.info/200501/article_7.html
・ウェブリブログについてはこちら。(障害報告など)
http://info.at.webry.info/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年01月19日 23:36
こんな方式があるんですね。
楽器と同様の動作、かなり興味が湧いてきました^^
ムーパパ
2010年01月20日 07:52
こんにちは ゆったり人さん
この振動板(ラジエター)方式がパッシブラジエターということをタテチュウさんから教えていただきました。
振動板の構造は簡単で
①振動版の大きさを決めて木製の枠を作る。
②ベニア板を両面に貼る。
③片面を塩ビ管の外径でくり抜く
④塩ビ管を③に差込み接着剤かコーキング剤で接着する。

 注意する点として
①共振するポイントは枠の厚さで調整します。(3.5cm前後くらい)
塩ビ管の噴出し口にベニア板を当てると分かります。
②ツインスピーカーで管共鳴を消すこと。
ぐらいです。後は各自の知識とオリジナリティで試して見てください。
高音不足になったので高音用SPをプラスして聴いています。
たてちゅう(管理人)
2010年01月26日 07:51
>ムーパパさん
昨日は遠い所ご訪問頂きありがとうございました。
大したお構いも出来ませんでスミマセン。
たてちゅうサウンドは如何でしたでしょうか?
また機会があれば是非お立ち寄り下さい。
奥様にも宜しくお伝え下さいませ。

この記事へのトラックバック